営業時間 平日:10時~18時(土日祝休) contact us
Japanese English
つながる、京都の旅 事業内容 お客様の声 会社案内

会社概要・沿革

会社概要

事務所名 トラベル京都
所在地 〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町7-4 1F 
TEL 075-204-9533 FAX 075-203-9937
  メール mail@travelkyoto.jp
  設立年 平成18年6月
  事業内容 旅行業
  営業内容 旅行全般の企画・手配
観光イベント・ツアーの企画・開発
京都府内のオリジナル観光ツアーの企画・実施
京都府内の観光コンテンツ企画・開発
  登録免許 京都府知事登録旅行業 第3-544号

 

 

沿 革

2006年6月 トラベル京都 設立
2006年8月 京都府知事登録
2008年7月 日本刺繍協会とのコラボ企画・ツアー実施
2008年12月 京都市内ホテルとの共同企画 「京都心の旅」ツアー企画・実施
2009年10月 京都府・地域力再生プラットフォーム事業 「地域力体感ツーリズム」ツアー企画・実施
2011年10月 京都府・地域力再生プラットフォーム事業 / 清水焼の郷まつり☓地域力文化祭」イベント企画・開発
2013年8月 京都式ソーシャルビジネス応援プラットフォーム人づくり事業 / 「ちーたび」ツアー企画・実施
2014年5月 山科・感動ツーリズム推進事業 / 「やましな大冒険」イベント及びツアー企画・実施

 

 

代表 近藤芳彦の想い

京都観光に対する想い、京のおもてなし

観光の語源である「国の光を観る、もって王に賓たるに利し」という一説であるように、私は「その国の徳の現れを観察する」ことだと思っております。その「徳」を私の先祖は残してくれたお陰で今があると感じながら観光業をさせて頂いております。私ごとですが曾祖父「石本暁海」は八坂神社の狛犬や北野天満宮の狛犬、そして華頂大学の勢至丸さま、書寫山圓教寺の六臂如意輪観世音菩薩など多数の作品を残しており、祖父は島根県で曹洞宗のお寺住職を、父は表具師として皇居にお仕事をさせて頂ける程の伝統産業を支えてきた先祖がおります。そこで私の代でも徳を積んでいくべく観光業として「時代を支えて来られた人の徳を観る」を使命とし、京都の産業を微力ながら応援させて頂きたいと思っております。
そして「京都観光おもてなし大使」として、京都に来て良かった!京都がもっと好きになった!など日本の文化を京都で感じて頂けるよう“おもてなし”をさせて頂きます。

 

 

 

観光振興・地域活性に対する想い

現在「まちの公共員」という京都府の非常勤職員として働かせ頂いてもおりますが、宇治茶の主産地である和束町で雇用促進協議会アドバイザーの取り組みをきっかけに、日本のおもてなし文化の象徴である「お茶」に携わらせて頂いております。その取り組みでも行っている事ですが「観光」は地域活性に密接な仕事だと思っており、地元の方の郷土愛から生まれる「その国の徳の現れを観察する」は必ず地域活性に寄与することだと思っております。そこでも私ごとですが母の実家は宇治田原町という日本緑茶発祥の地で、やはり先祖が徳を積んできた産業でもあります。 私の観光業としての使命でお伝えした「時代を支えて来られた人の徳を観る」は観光振興及び地域活性にならないと嘘だと思うのです。必ずや振興、活性化に繋がるまでやり続けます。

 

 

スタッフ紹介

トラベル京都では、京都で生まれ育ち、京都の「細部」を知り尽くした旅のコンシェルジュ、プランナー、デザイナ ーが在籍しております。京都で培った人脈を活かし、本質の京都をご提案させていただております。
近藤 芳彦
Yoshihiko KONDO
代表・トラベルプランナー
京都観光おもてなし大使
   

 

 

 

   

アクセスマップ

電車/バスでお越しの場合

JR/地下鉄/京阪山科駅より
京阪バス「山科駅」より、29・29A系統のバス(醍醐寺行き)に乗車、「清水焼団地」停留所、下車徒歩1分
「(有)馬場製陶」の看板が目印。

お車でお越しの場合

名神高速「京都東インター」から西(京都市内 五条通り方面)へ約5分、国道1号線(五条通)新大石道の信号(フレンドリー)を左折すぐ
阪神高速「山科インター」から北(トンネルを出て直ぐ左折)へ約3分
ローソンを超えて1つ目の信号手前。「(有)馬場製陶」の看板が目印。
Copyright © 2015 travel kyoto. All Rights Reserved.

ページトップ